看護師の資格を目指す方へ

看護師を目指す方、スキルアップを目指す方へ

看護師の資格を目指す方へ

看護師の仕事は実に尊いものです。
いかなる相手であれ病気・怪我をしている人に対して、技術を駆使し心を砕いて看護するまさに心身共に誠心誠意尽くすことが求められている仕事だからです。
現職の看護師の方々が目指したきっかけとして、自身あるいは身内・友達などを通して心打たれるような看護師との関わりを経験していることも多いようです。

看護師になるためには、国家資格を取得する必要があります。
一般的な方法として、法律で定められた教育機関で学び、国家資格の合格を目指します。
教育機関で学ぶ内容は、看護師に求められる人間性や人をあらゆる角度から理解する力、それらを元に看護を行うための技術、あらゆる協力体制のもとで看護を行う能力を培っていきます。
国家資格という難関を突破する必要がある一方、一度取得すれば生涯に渡って看護職に携わっていくことが出来る最大の武器となります。
女性ならではの人生の節目である、結婚・出産・子育て・介護等で一端仕事を離れたとしても、再び看護職に復帰できる可能性が十分できるのは、この職業ならではの魅力と言ってもよいでしょう。

近年特に注目されているのが、看護職のキャリアアップです。
高度な医療が発展するとともに、看護内容にも更なる質の向上が求められるようになってきました。
そのため、看護師の役割は病院のみならず、福祉関連施設や訪問介護といった場面などでも活動拠点の広がりを見せています。
こうして新たに誕生したのが、「認定看護師」「認定看護管理者」「専門看護師」の3種類です。
「認定看護師」は、特定分野の看護における熟練の知識と高水準の看護を実施可能な人材に与えられます。
「認定看護管理者」とは、個人・家族・地域社会に対して保険医療福祉の観点より高品質な看護サービスを組織的に実施することが出来る人材を言います。
「専門看護師」とは、特定分野の知識や技術を有した人材を言います。
看護に問題を抱える人たちに対して的確な看護ケアを行うことが求められます。

このように看護師とは、あらゆる資格を取得することによって生涯に渡り看護の世界に身を殉じること出来る、やりがいとスキルアップが期待できるきわめて崇高な仕事の一つと言ってもよいでしょう。